どれくらい知ってますか?気になるシワの原因と種類

シワの主な3つの原因

目元や口元にできやすいシワ。シワがあると実年齢より老けて見られることがあるので、多くの女性が悩む肌トラブルのひとつです。

シワができてしまうのには3つの主な原因があります。

まずは加齢によっておこる肌の機能の低下があります。年齢を重ねると女性ホルモンが低下し、肌の弾力が衰えたり肌の水分を保持する力が低下したりするなどで乾燥しやすくなります。二つ目は外気温や湿度が下がることによって起きる乾燥、三つ目は紫外線によって真皮や表皮がダメージを受けて起こる肌の弾力の低下がシワになる主な原因といわれています。

ただし、どれかひとつだけが原因とは限らず、いくつかの原因が重なってシワができていることが多いため、対策も原因や種類、シワのできた場所などで違ってきます。

シワにも種類がある!

シワには「乾燥シワ」「紫外線シワ」「表情シワ」と種類が3つに大きく分けられます。

乾燥シワは、その名の通り乾燥によって肌の表面がカサつきチリメン状になっているシワです。小さな浅いシワですが放置してしまうと数が増えたり定着したりして大きなシワになってしまいます。

紫外線シワは、紫外線によるダメージで真皮のコラーゲンが減少してハリを失って起こります。

表情シワは表情の癖によって起こる目尻の笑いじわなどのことです。若いうちは肌の弾力性が高いため元に戻りやすいですが、加齢や紫外線によって弾力が衰えてしまうと、元に戻りにくくシワとして残ってしまいます。

シワを予防したり目立たなくするためには、毎日の保湿ケアや紫外線対策などが必要になります。

品川美容外科の2chまとめサイト